コールセンターの心臓部|企業に導入しておきたいCRMシステム|安心できる環境を構築
男性と女性

企業に導入しておきたいCRMシステム|安心できる環境を構築

コールセンターの心臓部

会社

クラウド型が主流

PBXは主にコールセンターで利用される電話回線の管理を行うシステムです。自社で導入すると億単位のコストがかかるほど高価な設備となっています。そのためレンタルPBXやクラウド化を行う会社が増加しています。全国に複数の拠点がある場合、拠点単位でのPBXの設置のほか、主となる拠点にも全国の入電に対する管理を行うPBXが必要になります。クラウド型は、すべてをデータセンターのあるPBXで管理することができるメリットがあります。PBXは比較するとクラウド型のほうがメリットが大きいのです。拠点に設置するとなると温度や湿度セキュリティの管理が必須となります。そのためランニングコストもかかるのです。PBXはクラウド型が主流になっているのです。

複数拠点を一元管理

PBXを設置する際には、比較が必要です。各メーカーともにメリットとデメリットを持っています。PBXで行われた呼分配のデータをレポーティングする機能も同時についているのですが、これが比較対象になります。レポートの仕様は会社によって大きく異なるため、必要なデータを取得できない場合には、設置後の適切な管理ができなくなってしまうのです。そのため設置前に比較検討することが大事なポイントになります。クラウド型であれば、より細かい呼分配を設定することが可能です。通常の割合による分配のほかに、優先順位を設定した分配方法をスキルごとに行う事ができるなどが可能になるのです。反面、システムの変更に関しては、クラウド設置会社に依頼するなど時間がかかるデメリットもあります。